よくいただく質問

お母さまからよくいただく質問をまとめました♪

🌷レッスンは何歳から始められますか

4歳前後からお受けしています。

1〜5までの数字とひらがなが読めるとスムーズですが、読み書き練習中のお子様でも大丈夫です。レッスンをきっかけにひらがなの読み書きができるようになったお子様もたくさんいます。

小さなお子様にはピアノだけでなく色々な角度からレッスンを進めます。先生に「これをやろうね」と言われたことに短い時間でも落ち着いて臨めるようでしたら大丈夫です。

お子様ひとりひとり個性がありますので、体験レッスンでご様子を見させていただきます。


🌷ピアノをまだ持っていないのですが…

ピアノのレッスンは練習が必要となりますので、レッスンをスタートしたら楽器を早めにご用意ください。

しっかりした指づくりや、自分の弾き方によって音色を変化させられることの体感、スムーズな上達を考えますと、最初からアコースティックピアノ(アップライトピアノやグランドピアノ)に親しんでいかれるのが望ましいですが、電子ピアノでもレッスンは可能です。電子ピアノを購入される場合は、できるだけピアノのタッチに近いもの、ピアノと同じ88鍵あり、ペダルのあるものをご用意ください。


注)キーボードは鍵盤数が足りず、タッチが柔らかすぎますのでピアノの練習には不向きです。


🌷レッスンに付き添いは必要でしょうか

付き添いは特に必要ありませんが、幼稚園くらいの小さなお子さまの場合は、お母さまが見ていてくださる方が励みになり、安心してレッスンを受けられるようです。また、レッスン内容をお母さまが見ていてくださると、お家での練習がスムーズです。お家での練習方法などもレッスン時にアドバイスいたしますので、ぜひご一緒にレッスンを楽しんでください。


付き添いをなさらない場合は、レッスン中はお買い物をして、またお迎えに来る方もいらっしゃいます。


🌷家で何を教えたらよいでしょうか

新しい曲の宿題の場合、初級程度のお子さまはレッスン中にポイントを一緒に予習しますので、お家での指導は必要ありません。

ただし、幼稚園くらいの小さなお子さまの場合は一人での練習は難しいので、お母さまがそばで見守って、教室でアドバイスした練習方法を促し、励ましてあげてください。(教える、ということではありません)

お家でやっていだだきたいことは、ピアノに向かう環境を作ること、上手にできたら褒めて一緒に喜んであげること、励ましたりお声がけをしてくださると、お子様の気持ちもアップします。


🌷子どもが練習しないのですが

レッスンをスタートしたら、まずは今までの一日の生活サイクルの中にピアノの練習時間を組み込みましょう。

毎日ピアノに触れるお子さまの方が早く譜読みの力が付き、上達が早いです。


お風呂の前に、夕食の前に、学校に行く前に、等々お子さまと話し合って決めると良いでしょう。自分で決めたことに責任を持たせることにもなります。時間になってもなかなか始めない時は、「あら?ピアノの時間じゃなかった?」など促してください。

ご家族にご協力いただきたいことは、

  • 練習時間になったらテレビを消すなど、練習できる環境を作ること。できればピアノをリビングなど家族のいるスペースに置くとすぐ声をかけることができるので良いでしょう。
  • 上手にできたら褒めてあげて一緒に楽しんでください。

そして、

  • 練習した日はカレンダーにシールを貼るなど、やったことが目に見えるようにするのも良いでしょう。
  • 小さなうちは10分でもピアノの前に座るのは難しいかもしれません。それならば例えば毎日5分弾く。それでも10日やれば50分弾くことになります。だんだんにピアノの時間を延ばしていきましょう。

お子さまの様子を見て色々楽しく工夫してみてくださいね。

 

ピアノを弾くことが楽しくなって放っておいても自ら弾くようになれば一番良いですが、ピアノは好きでも、なかなかそのようにいかないのも現実です。他の習い事もあるでしょうし、観たいテレビもある、お友だちと遊びたい、などなどお子様のやりたい事は盛り沢山です。そんな中ピアノの時間を作るのはやはり「工夫」が必要ですね。

大人もそうですが、子どももやりたくない時や気分が乗らない時があります。ピアノの時間になってもなかなかお尻が上がらない時は、「じゃごはんが済んだらやろうね」などお声かけしてください。

ご家族が自分の弾くピアノに関心を持って楽しんでくれることは、何よりも嬉しくやる気になり、伸びていくお子さまが多いです。

 

ピアノは、とても乗ってたくさん弾く時もあれば停滞気味の時もあり、そんな波を繰り返しながら長い間続けていくうちに次第に力がついていくものです。

お子さまによってスイッチの入るタイミングは様々ですので、練習しないし向いていないみたい、と早々に見限ってしまうのは今まで習ってきたことがゼロになってしまい、とても残念なことです。

すぐに結果が出るものではない、ということを心に留めて、お子さまがピアノを辞めたいと言わない限りは、長い目で見ていただけたらと思います。


🌷中学生になり部活や塾もあるのでピアノを続けられか悩んでいます

中学生になると小学生とは違う大人の感性が備わってきます。身体も大きくなり小学生の時には出来なかったことができるようになり、理解力も高まります。
ピアノを再開される大人の方を見ていると、ご自身で、ある程度弾ける力が身についている方は、高校生くらい(中上級程度)までレッスンを続けてこられた方が多いです。子どものうち(初中級程度)に辞めてしまうと、せっかく学んできたことを忘れてしまい、弾けなく(弾かなく)なってしまう事が多く、本当にもったいないと思います。将来、自分でピアノを楽しめるように、子どもの感性から大人の感性に移行して自己がしっかりとするまで、そして色々な事を身につけるまで、頑張ってみましょう。

当教室では、中高生にも負担にならないようにカリキュラムを工夫したり、月々のレッスン回数も減らすなどの工夫もしていますので、ご相談ください。